セクピス8巻

2014/04/23 Wed 20:11

・ノリリンと国政の結婚の行方は…?
・志信とヴァルネラの邂逅
・カレンさんのクリスマスパーティ

の三本柱な8巻でした。


ノリリンと国政の結婚話は、
お前のことが大切だから別れるんだっていう
身分違いの恋愛あるあるシチュレーションに突入。
今まで国政視点の話って少なかったので、
今回やっと彼のものの考え方が見えてきました。
斑類のトップの家柄故の冷めた見方と冷静さ。
貞操観念が薄いという設定(だからBL展開にもっていけるという離れ業を成し遂げた)なのに
国政は非常に擦れててしかもウンザリしてるから、恋愛に呑まれない。
ノリリンは斑類だから国政に惚れているのではないか?と疑念は募る。
「無知だからまともな判断を下せない」
家の問題にノリリンを関わらせたくない一心で国政はノリリンに別れを告げます。


いきなり別れを切り出されたノリリンは泣きわめき、
熊樫先輩の家、志信の家を転々とします。
愛してるから重荷を背負わせたくない国政と
愛してるから共に重荷を背負いたいヨシュアとの対比が鮮やかでした。
振られたノリリンは熊樫先輩とヨシュアの同居生活に突撃しますが
別れに納得いかないノリリンをヨシュアは一喝し、ノリリンは泣きながら街中へ。
するとどこからかヴァルネラがあらわれて、志信の家へとノリリンを導きます。
泣くノリリンのお世話をするものの心ここにあらずな志信とヴァルネラ。


志信はヴァルネラに対し接近禁止命令(全巻で彼を殺そうとしたので)が出てるが
ヴァルネラは今までずっと志信を原子単位(人魚の能力のアレ)で見守っていたという。
もうヴァルネラさん大天使ですよ。志信を幸せにしてくれるのは彼しかいないわ
前巻までちょっと気違いな危ない奴と思っててごめんなさい。
あとは志信がヴァルネラのことを潜在意識レベルで認めれば、人魚の能力をもって
ヴァルネラが志信のことを懐柔できるんだと思いました。
次の巻が楽しみ~!


やっと今回の巻で途上人物のなりそめが大体分かりましたね!
巻尾とカレンさん!!!
これは読んでからのお楽しみです。
私はこの話が一番にやにやしました。


で、他のカップルたちはと言いますと
米国としろは、恋してるから触れられないというアレですよ!!!
米国さんピュアッピュア!
無意識な時だけしろに頼っていたので
「面向かって米国と下の名前で呼ばれてない」と悩むんですよ!!
そんな些細なことで悩むの可愛いんですけど米国さん!!!


愛が勝つ!!
それがセクピスのお約束です
全カップルが幸せになってもらいたいですね
雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示