セクピス8巻

2014/04/23 Wed 20:11

・ノリリンと国政の結婚の行方は…?
・志信とヴァルネラの邂逅
・カレンさんのクリスマスパーティ

の三本柱な8巻でした。


ノリリンと国政の結婚話は、
お前のことが大切だから別れるんだっていう
身分違いの恋愛あるあるシチュレーションに突入。
今まで国政視点の話って少なかったので、
今回やっと彼のものの考え方が見えてきました。
斑類のトップの家柄故の冷めた見方と冷静さ。
貞操観念が薄いという設定(だからBL展開にもっていけるという離れ業を成し遂げた)なのに
国政は非常に擦れててしかもウンザリしてるから、恋愛に呑まれない。
ノリリンは斑類だから国政に惚れているのではないか?と疑念は募る。
「無知だからまともな判断を下せない」
家の問題にノリリンを関わらせたくない一心で国政はノリリンに別れを告げます。


いきなり別れを切り出されたノリリンは泣きわめき、
熊樫先輩の家、志信の家を転々とします。
愛してるから重荷を背負わせたくない国政と
愛してるから共に重荷を背負いたいヨシュアとの対比が鮮やかでした。
振られたノリリンは熊樫先輩とヨシュアの同居生活に突撃しますが
別れに納得いかないノリリンをヨシュアは一喝し、ノリリンは泣きながら街中へ。
するとどこからかヴァルネラがあらわれて、志信の家へとノリリンを導きます。
泣くノリリンのお世話をするものの心ここにあらずな志信とヴァルネラ。


志信はヴァルネラに対し接近禁止命令(全巻で彼を殺そうとしたので)が出てるが
ヴァルネラは今までずっと志信を原子単位(人魚の能力のアレ)で見守っていたという。
もうヴァルネラさん大天使ですよ。志信を幸せにしてくれるのは彼しかいないわ
前巻までちょっと気違いな危ない奴と思っててごめんなさい。
あとは志信がヴァルネラのことを潜在意識レベルで認めれば、人魚の能力をもって
ヴァルネラが志信のことを懐柔できるんだと思いました。
次の巻が楽しみ~!


やっと今回の巻で途上人物のなりそめが大体分かりましたね!
巻尾とカレンさん!!!
これは読んでからのお楽しみです。
私はこの話が一番にやにやしました。


で、他のカップルたちはと言いますと
米国としろは、恋してるから触れられないというアレですよ!!!
米国さんピュアッピュア!
無意識な時だけしろに頼っていたので
「面向かって米国と下の名前で呼ばれてない」と悩むんですよ!!
そんな些細なことで悩むの可愛いんですけど米国さん!!!


愛が勝つ!!
それがセクピスのお約束です
全カップルが幸せになってもらいたいですね
スポンサーサイト



雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

オアシス20周年記念

2014/04/14 Mon 00:02

オアシスのデビューシングル「スーパーソニック」発売から4月11日でまる20年を迎えます。

ロンドンでは、オアシスによる展示会「チェイシング・ザ・サン:オアシス1993-1997」がスタート。
日本でも秋にこのイベントが開催される模様。
ぜひとも行きたいですね!!

20周年記念デラックスエディションの不買声明をリアムがツイッター上で出しているのが皮肉でしたね…
昔の作品の焼き増しよりも、新譜をください。
ノエル兄ちゃんの2作目待ってるから!!!
雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

高遠の事件簿

2014/04/13 Sun 18:01

MBoxにて、高遠遥一の事件簿が全部読めますよ!!
公開期限が近付いているので、気になる人は今のうちに。
5月上旬にコミックスも発売されますよ。

はじめちゃんの永遠のライバル、高遠の高校時代の話であり、初犯です!!
女性ファンにネタ提供しまくってる本作。
・高遠は明智の後輩(4学年下)であり、二人とも入学試験全問正解の秀才
・リストやヴェートーベン弾けちゃう高遠。暗い曲が似合いますねえ
・狂気を隠してスカしてるぼっち(明智は対照的に、自己主張の塊という。笑)
・休みの日は子どもにマジック見せてるだなんて、ほほえましいです。
・赤いバラをマジックで使うキザっぷりはここでも。
・やたらとにやける高遠。だからみんなから怪しまれちゃうのよ!!!!(親心)


以下ネタばれ込みの感想です
・霧島の殺す動機が全部高遠関係。霧島くん高遠好きすぎるだろう。
・むしろ好意とどす黒い本音を絡めて腹を割って話せば、二人で犯罪芸術家になれたのでは
(いづれ、高遠が幼稚な霧島に我慢できなくなって霧島を殺しそうだけど)
・「地獄の傀儡子」の「地獄」は霧島がいる場所なのね。
自分を犯罪の道へ導いた霧島のことをいつでも忘れないためのハンドルネームですよねこれ。
よかったね!霧島くん、同類だと認めてもらえてるし、それもまんざらではないってことですよ。
・太陽のなかではなく、月の下、暗い世界を歩んでいく、ヴェートーベンの月光とともに。
高遠も明智と同じくらいキザですねえ。

高遠はキャラ立ちのための付加要素が多くて、魔術列車殺人事件時のマネージャー高遠どこいったの?
って思ってしまうくらいの良待遇ですね!!
一番の悪役が主人公張ってしまえるくらい人気だなんて
なかなかはじめちゃんに捕まえてもらえなさそうですね。
金田一 | コメント(0) | トラックバック(0)

謎はすべて解けない!

2014/04/12 Sat 21:29

第二話見てきました!!
剣持のおっさんと明智警視が出てきましたね!!
それだけでうれしい!!!
「金田一くんではなく七瀬さんのためですよ」
はい、イヤミきましたーーーー!!!
待ってましたーー!!これぞ明智警視!!!
はじめちゃんのスマホ画面でそのまま「剣持のおっさん」で笑った。

話のあらすじは
先週の事件の犯人として、リー警部がボーイのキムを疑うところから始まる。
その場で金田一が無実を証明し、そのお礼にキムは金田一たちを自分の部屋へ夕食に招待する。
部屋からレイザーショーを見ていると一階上の部屋で殺人が。
先週殺されたチャンに席を譲ったシンという男が撲殺されていた。その場にはリー刑事もすでに到着していた。
キムの部屋に帰り、キムから九龍の財宝の元所有者ワンの息子だと言われる。
翌朝、ランがさらわれていて、金田一はリー刑事に美雪がランの替え玉になっていることを告げる。
金田一がリー警部も事件の関係者(九龍出身)であることを推理したところ、
リー刑事は九龍の財宝はダイヤではなく、以前に持ち込まれた核爆弾であると打ち明けた。
リー刑事自身はワンという九龍の実力者の息子で(実はキムの義兄)、その核爆弾を撤収する特殊任務についているという。
ワンは九龍を国として独立させるためにダイヤを取引に使おうとしていたが、
「毒龍」と呼ばれるものに暗殺されてしまったらしい。
その核爆弾には時限装置がついており、香港を爆発させる時間がさし迫っている(たしか10時間で爆発)らしく、リー刑事は発見を急いでいた。
そんな時に、美雪から連絡が入る。つかまっている場所のヒントは「ピンクのイルカ」の看板が見える場所。
寺院の龍の像のピンクのイルカ→ランのタトゥー→美雪の監禁場所が特定(大澳村)
美雪を探す手掛かりを得たところで、行方不明になったランから連絡がきます。
誘拐されたが、手に怪我を追っただけで、今は警察に保護されていると。
保護されている場所は金田一たちがいる場所と美雪の監禁場所の中間であった。
ランは、「赤いコートをきた人に誘拐された」と証言する。
金田一たちは美雪を探しに大澳村へ。到着後、はじめは赤いコートの女を見つけ、廃墟まで追うと、
そのなかで女は自殺していた。それはアイビー(九龍出身)だった。
廃墟の奥には傷だらけになった美雪がいた。一命はとりとめたものの…




謎はすべて解けた!!とはじめちゃん言ってますが
今回伏線少ないでしょ…笑
これでは推理できるわけがありません。
私ったら失念していました。金田一はミステリー風な犯人の人情ドラマでしたね。
さくさく殺人が起こるのはいいけれど、もう少し布石打ってくれ。
あまりにも唐突に解決編への行ってしまうから。

・みなが九龍城に関わりがある
・ピンクの海豚
・(一番始めに殺されたおっさんは)虫が嫌い→これがおそらくトリック?
・(金田一の)名前を知っているラン
・(今回殺された女に)本名を呼ばれて自然に返事をしてしまうラン
・ホテルのボーイは事件の関係者
・赤いコートの女を追うように電話で話すラン
不自然な点がランに集中している。

ですが突然の事件解決だってミステリーの醍醐味ですよね!!!!
*完全なるミステリーオタクの痴れごと。


金田一 | コメント(0) | トラックバック(0)

今季は熱い!

2014/04/12 Sat 11:06

今季のアニメ視聴はジョジョと金田一の予定です。
ついでに弱虫ペダルも見始めました。

ジョジョは作画の人数が厚い。
30人弱なんですね!お金かかってますねえ
1話と2話を見ましたが、とにかく絵が昭和ですね。
肩パット入ったような屈強な体格に笑いがこらえられないです。
だが、それが荒木先生の画風である。ファンとしては嬉しいことこの上ないです!!
スタンドの色彩設定や映像の効果が綺麗ですね。
2話のハイエロファントグリーンの色。緑→紫。ここの色のセンスがジョジョらしい!!
opは昔懐かしの曲調でしたね。でもやっぱし2部のopが好みですね。
声は全体の雰囲気にマッチしていると思うので、あとは演技が楽しみです。

ホリィさんが今季の一番の萌えキャラ!!!



弱虫ペダルは、人気作ということで見始めましたが
1話2話見た限りでは、王道展開なようで見やすいです。
スポコンらしく、専門知識もうまく詰め込みつつ
何も分からない視聴者もついて行きやすいテンポ感。
ヒロインの女の子や周りの人が解説してくれるのが安心のスポーツ物です。

素人主人公がその道のトップに近いライバルに惹かれて、その道を進んでいくのはいいですね!!!
ガラスの仮面、スラムダンク、ヒカルの碁。
どれも大好きな作品です。
弱虫ペダルもこのジャンルに入りますね。
自転車競技の一つの要素として、自転車の破損、道のコンディション、天候といった不確定要素が話を盛り上げていく面があると思うので、ドラマが生まれやすい!そう最後の勝負まで分からないのが熱い!!!
雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »