2014/03/05 Wed 22:16

九路盤でcpuに勝てません・・・
悔しいから勝つために勉強しよう!
って思ったのは久々です。
碁の力は凄い。

あたらしいものにチャレンジするのって面白いなと久々に実感してます。
前回のチャレンジは4年前に始めたお琴でした。
楽器というのは弾き方を覚えたあとは、次はその楽器で出せる最良の音色を出すことに腐心します。
練習を積み上げていくという面もあるけれど、それ以上に自分の体を楽器を演奏させるのになじませる過程が大きいと思います。楽器に向き合った時間だけは必ずなんらかの形で演奏の中に返ってくるという感覚でした。
自分が今、奏でている音はどのようなものか、どんな音を出すのがこの曲にはふさわしいか。
硬い音、柔らかい音、なだらかな音、歌うような音、
それは演奏者の気持ちの入りようと細かい気使いが生み出せるものだと思います。

さて、碁なんですけど
一通りルールも覚えて、cpu対戦をしてなんとなく感覚をつかんでいます。
まずは九路盤で勝てるようにならないと!!

本当の碁はこの4倍も大きい盤面で戦うなんて想像もつかないので
まずは棋譜を並べてみようと思い立ちました!
どうせならリーグ戦の名前にもなっている本因坊秀作にしようと!
(*思考回路は単純です)
本因坊秀作と坂口仙得の棋譜を引っ張ってきました。
ネットで百年前の棋譜が簡単に見れてしまうのは、好い時代だなあって思いますね

石の流れを初心者(始めて数日っていうほんとにビギナー)としてがんばって読みとって思ったことは
棋士ってめちゃくちゃ気が強い人たちの集まりだなと。
攻め方が苛烈で絶対引かないっていう気概が碁の定石も知らないような小娘にも伝わってくる。
凄過ぎて何をしているかわからないっていうのではなくて、何をしているか分かる、その片鱗であっても漂ってくるから凄まじい。
こんな風に攻めていける頭の回転と棋力に恐れおののく。
この境地がはるか高みだとすると、遠すぎる空の果てのようだけど、
理解できる世界だと思う面もあって、全くの別世界とも思えないんです。
長い年月の中でだったら、もしかしたら、その境地に手が届くかもしれない。
そんな可能性すら抱きたくなるような世界だと、僭越ながら思ってしまったのです。
自分で打つならどうするだろう。この盤面で打てるような自分になりたい、と憧れてしまった。

やっぱり目で盤面を追うのは、まだまだ難しい部分が多いので
十九路盤の購入を決定しました!笑
早く届くといいなあ~❤
スポンサーサイト



| コメント(0) | トラックバック(0)

2014/03/01 Sat 23:38

衣食住が揃っていて、最低限な暮らしの基準は満たしているのだが、祖母が死にたいという。
こけてから足が不自由になって、生きていてもしょうがないと日々ぼやくのだ。

祖母は介護が必要な自分自身に無力感を感じている。
ただただ朝起きて、ご飯を食べてぼーっとテレビを見てまた眠る生活のサイクルで生きている。
彼女は去年までは九州で孫を3人育て上げなければいけないという使命感で生きていた。
それが高齢で生活がしづらいということで、関東の娘の家に引っ越すことになり、その責務がなくなった途端に不満が口にあがるようになった。
「生きていたくない。迷惑をかけたくない。早く天国に行きたい」
聞いているほうはもう地獄である。


祖母は生きていくためのHOPEの糧(3人の孫)を九州においてきてしまったのだ。
そのHOPEが、高齢でも孫を育て上げるという意地が、彼女を形作るアイデンティティでもあったのだ。
この衣食住すべてがそろって、祖母の力はすべてに娘である母にすべて敵わないという生活状況は、祖母にとって自尊心が保てるわけもなく今まであったHOPEも与えられず、ただ飯が出されて飼われているようなものだ。

このような環境でセルフリスペクトができるわけがないだろう。自らをリスペクトできない人間に長生きしたらいいよとは簡単には言えない。
memo | コメント(0) | トラックバック(0)

2014/03/01 Sat 23:02

突然だが、囲碁を始めた。
ひとまず碁石と入門書だけ購入した。
なにしろ碁盤は大きいし続くか分からない趣味にお金がかけられなかったのだ。
ならばどうしたかといえば、九路盤を段ボールで手書きして作ったのだ。
九路盤とは本物の碁盤の1/4のサイズの初心者用の碁盤である。
手作りはあたたかみがあるねえ。

で、九路盤を前に、「ヒカルと一緒に一段を目指す参考書」を片手に棋譜並べしている次第。
ヒカルってあのヒカル。
今となっては懐かしい漫画「ヒカルの碁」のキャラクターが書かれている。
子ども向けなのですが、地についての説明がものすごく分かりやすい!!
上位の力量の人と打ちながら感覚的に理解する部分を文章化してるから
私みたいに独学で始める人にはもってこいの一冊だ。

周りに碁をたしなんでいる人がいないから
ネット碁しかできないし、碁会所行くの勇気いるわ。
| コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |