2013/11/25 Mon 18:18

見渡してみると
たくさんの、星の数ほどの輝くものがあった

見つけられるとそれだけで幸せで生まれてきてよかったなと思う


スポンサーサイト



memo | コメント(0) | トラックバック(0)

2013/11/25 Mon 18:06

子育てを失敗したという負い目はいつまでのしかかるんだろう

その負い目こそが我が子を追い詰めていた

という見方はできないのだろうか




思えば彼はどんよりとした瞳をした人だった。

彼女は母に考え方が似ているんだ

とこぼしていて、子どもながらに分かった振りをしていたが

それは見当違いだったのだと12年の月日を経て分かった。

おそらく当時は、彼女はあの人に考え方が似ていた。

ただ今は全く違う。面白いほどに相反している。

分岐してしまうような出来事が積み重なって、もう別の個人となった。

私も昔の彼女よりも今の彼女のほうが好きだ。自信を持って言える。




相手は自分とは違う。

字面で分かっていても、それを本当に理解することができなかった人なんだと思う。

あの人はなまじなんでもできる人だったから影でできない他人を鼻で笑う部分があった。

そういう高慢さや潔癖さが我慢ならなくて苦手だ。

努力したらできる!と簡単にいうけどそれは義務教育までの話だと思う。




できない相手を批難して正論でたたきのめしてどうするの?

正論なんて年端のいかない幼子でも理解できる。

正論を楯にどんどん逃げ場を奪っていったら、できない相手は排除されちゃうの?

人は簡単にはいなくなれないよ。ゲームなら気に食わない相手は一瞬で消せるけど

ここは現実。どんなに嫌でも共存しなければいけない。

そんな簡単なこともわからないくらい、あなたの目は霞んでしまったの?
memo | コメント(0) | トラックバック(0)

2013/11/25 Mon 17:45

自己承認欲求
誰かに選んでもらいたかったんだと思う
あなたがいいよって

ただ私が選ばない人なら、そんな人が選ばれる人になるわけがない


そんな単純なことにも気が付けなかったのか
と呆れるし
ものの見方が一晩で変わってしまったことにも驚いている


紙一重のぎりぎりの世界もころっと変わってしまう
それこそ電車に乗り換えるみたいに。


相手を支配したいと積極的には思わないけど
実質支配はしたいんだと思う。
それには支配という言葉よりも
私が灯篭になって暗い夜道を照らしていきたい
といったほうが似つかわしい。
一緒にゴールまで辿り着きたい。
それがなんであれ、力の限り行いたい。
これを支配と呼ぶならそう呼べばいい。
こうなってほしいという希望に導くことを否定する人はいないはずだ。
memo | コメント(0) | トラックバック(0)

2013/11/25 Mon 17:27

近頃気持ちと体調がリンクしているように感じる

根性無しの甲斐性なしだけど

すこしだけ未来が見えてきて、おぼつかない足取りだけど前に進めそう



あなたのことばを死ぬまで忘れたくない
私は手がかかるこどもだったでしょう?
こんなどうしようもない人間と向き合ってくれてありがとう
バカみたいな過去の話を聞いてくれてありがとう
話したって毒にも薬にもならない自己本位な話を最後まで聞いて
私の迷いを断ち切ってくれた。
与えられることを望み過ぎていたんだと思う。
それは傲慢だし、限度がある。


ずっと目隠しをして生きてきたように感じる。
いいことも悪いこともみたくなくて
一人で自分だけのお城の中に閉じこもって、たまに窓から欲しいもの取るために手を伸ばす
そんな自分勝手な人だった。


早くそんな日もあったねと
笑って言える日がきてほしいし、そんな自分になりたい。
memo | コメント(0) | トラックバック(0)

2013/11/16 Sat 00:40

アイデンティティを喪失している気がする

仮面がたくさんあって
その場に応じて付け替えて暮らしているけど
いつボロが出るのかとおびえながら生きている

はやくこの仮面が顔にひっついてしまえばいいのに
memo | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »