2014/05/31 Sat 23:13

喉風邪を放置していたら
1週間治らず、しかも悪化して声が出なくなりました…。
声が出ないって不便極まりないですね。

声がかすれているときに無理やり声を出していたところ
のどの奥のほうが腫れて炎症しているようです。

ドラえもんみたいな声になっちゃったと職場で会う子どもらに話すと
え?声違くない?と言われてジェネレーションギャップを感じました。


スポンサーサイト



memo | コメント(0) | トラックバック(0)

damon albarn

2014/05/06 Tue 10:21

damon albarn。
この名前でピンとくる人はあまり多くないだろう。
それよりは、90年代のプリットポップの代表格blurのフロントマン
gorillazのボーカル(兼プロデューサー)
のほうが名高いだろう。

その彼が今回、ソロアルバムを出した。
「everyday robots」
彼の半生と今のデジタル社会を歌った作品ということだった。
グレイのカバーと右はじに座ったアンニュイなデーモンが映ったジャケ。

デーモンが関わった作品に対して今まで抱いてきたものは
アルバムごとのテーマがはっきりしていて、つきつめるまでやりつめること。
その時々に興味をもったものに突き進み、雑多で多彩な音楽性。
一枚一枚のアルバムを積み上げて、停滞することなくどこかしらに進みたいと願っている。
自分たちの売りが何なのか知ってるけれど、それを裏切れる大胆さ。

アルバムごとに全く違う世界に連れて行ってくれる。
それが私にとってのblurだった。
ひっくり返したおもちゃ箱のような音楽だった。
彼らもアルバムを出すごとに変わっていくから、私も変わって成長したいと思いたくなる。
変わることを後押しして応援してくれるバンド。

変わることは勇気だ。前の作品と常に比べられる世界で急激な方向転換をしてもなお
待っているファンを納得させるものが作れるか。そのせめぎ合いなのだと思う。
そして、変わらないのはライブパフォーマンスだった。
昔のライブビデオを見ると、彼らのライブは本当に楽しそうで、
20年の月日や録画された媒体だとかいう前提はすべてすっとばして、心が踊った。
1月の武道館公演にも足を運んだが、客の空気をつかみアットホームにする、この点において
デーモンは最高だなと思った。blurとしての最後の公演だったそうで、メンバー同士の絡みも感慨深かった。
デーモンがメンバー一人一人に絡みにいってハグしたりキスしにいく。その姿が心から楽しそうでそれをみてこちらは胸がいっぱいになる。思いが込み上げすぎて歌詞が飛んだとテレる姿もほほえましかった。
その場にかけつけられてよかった、ライブだから、その場で味わえるから得られる感動もある。
こういう幸せを味わったとき、言葉って無力だと思う。
言葉に表わせないけどなんだがぽかぽかしているんだから。

今回のソロは、デーモンのメロディアスな部分が大きく押し出された作品だ。
静かで暗いようにも思えるが、繊細でゆるやかで何かに守られているような気持ちにさせられる。
キャッチャーで万人受けする作品だとは思わないが、
「自分の人生を振り返る」
デーモンの生きていた道筋をすこしだけ追わせてもらっている。
パーソナルなやわらかい心に触れている。
リスナーと内面へ向かう旅に出かけるアルバムである。

デーモンは語りかけてくる。
あなたはどのように生きてきた?
どの過去を拾い出してみようか?と。
memo | コメント(0) | トラックバック(0)

セクピス8巻

2014/04/23 Wed 20:11

・ノリリンと国政の結婚の行方は…?
・志信とヴァルネラの邂逅
・カレンさんのクリスマスパーティ

の三本柱な8巻でした。


ノリリンと国政の結婚話は、
お前のことが大切だから別れるんだっていう
身分違いの恋愛あるあるシチュレーションに突入。
今まで国政視点の話って少なかったので、
今回やっと彼のものの考え方が見えてきました。
斑類のトップの家柄故の冷めた見方と冷静さ。
貞操観念が薄いという設定(だからBL展開にもっていけるという離れ業を成し遂げた)なのに
国政は非常に擦れててしかもウンザリしてるから、恋愛に呑まれない。
ノリリンは斑類だから国政に惚れているのではないか?と疑念は募る。
「無知だからまともな判断を下せない」
家の問題にノリリンを関わらせたくない一心で国政はノリリンに別れを告げます。


いきなり別れを切り出されたノリリンは泣きわめき、
熊樫先輩の家、志信の家を転々とします。
愛してるから重荷を背負わせたくない国政と
愛してるから共に重荷を背負いたいヨシュアとの対比が鮮やかでした。
振られたノリリンは熊樫先輩とヨシュアの同居生活に突撃しますが
別れに納得いかないノリリンをヨシュアは一喝し、ノリリンは泣きながら街中へ。
するとどこからかヴァルネラがあらわれて、志信の家へとノリリンを導きます。
泣くノリリンのお世話をするものの心ここにあらずな志信とヴァルネラ。


志信はヴァルネラに対し接近禁止命令(全巻で彼を殺そうとしたので)が出てるが
ヴァルネラは今までずっと志信を原子単位(人魚の能力のアレ)で見守っていたという。
もうヴァルネラさん大天使ですよ。志信を幸せにしてくれるのは彼しかいないわ
前巻までちょっと気違いな危ない奴と思っててごめんなさい。
あとは志信がヴァルネラのことを潜在意識レベルで認めれば、人魚の能力をもって
ヴァルネラが志信のことを懐柔できるんだと思いました。
次の巻が楽しみ~!


やっと今回の巻で途上人物のなりそめが大体分かりましたね!
巻尾とカレンさん!!!
これは読んでからのお楽しみです。
私はこの話が一番にやにやしました。


で、他のカップルたちはと言いますと
米国としろは、恋してるから触れられないというアレですよ!!!
米国さんピュアッピュア!
無意識な時だけしろに頼っていたので
「面向かって米国と下の名前で呼ばれてない」と悩むんですよ!!
そんな些細なことで悩むの可愛いんですけど米国さん!!!


愛が勝つ!!
それがセクピスのお約束です
全カップルが幸せになってもらいたいですね
雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

オアシス20周年記念

2014/04/14 Mon 00:02

オアシスのデビューシングル「スーパーソニック」発売から4月11日でまる20年を迎えます。

ロンドンでは、オアシスによる展示会「チェイシング・ザ・サン:オアシス1993-1997」がスタート。
日本でも秋にこのイベントが開催される模様。
ぜひとも行きたいですね!!

20周年記念デラックスエディションの不買声明をリアムがツイッター上で出しているのが皮肉でしたね…
昔の作品の焼き増しよりも、新譜をください。
ノエル兄ちゃんの2作目待ってるから!!!
雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

今季は熱い!

2014/04/12 Sat 11:06

今季のアニメ視聴はジョジョと金田一の予定です。
ついでに弱虫ペダルも見始めました。

ジョジョは作画の人数が厚い。
30人弱なんですね!お金かかってますねえ
1話と2話を見ましたが、とにかく絵が昭和ですね。
肩パット入ったような屈強な体格に笑いがこらえられないです。
だが、それが荒木先生の画風である。ファンとしては嬉しいことこの上ないです!!
スタンドの色彩設定や映像の効果が綺麗ですね。
2話のハイエロファントグリーンの色。緑→紫。ここの色のセンスがジョジョらしい!!
opは昔懐かしの曲調でしたね。でもやっぱし2部のopが好みですね。
声は全体の雰囲気にマッチしていると思うので、あとは演技が楽しみです。

ホリィさんが今季の一番の萌えキャラ!!!



弱虫ペダルは、人気作ということで見始めましたが
1話2話見た限りでは、王道展開なようで見やすいです。
スポコンらしく、専門知識もうまく詰め込みつつ
何も分からない視聴者もついて行きやすいテンポ感。
ヒロインの女の子や周りの人が解説してくれるのが安心のスポーツ物です。

素人主人公がその道のトップに近いライバルに惹かれて、その道を進んでいくのはいいですね!!!
ガラスの仮面、スラムダンク、ヒカルの碁。
どれも大好きな作品です。
弱虫ペダルもこのジャンルに入りますね。
自転車競技の一つの要素として、自転車の破損、道のコンディション、天候といった不確定要素が話を盛り上げていく面があると思うので、ドラマが生まれやすい!そう最後の勝負まで分からないのが熱い!!!
雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »